ロードバイク 初心者女性の服装徹底調査!基本から季節のおすすめのコーデ紹介

初心者

「初心者のロードバイク女子におすすめの服装はあるの?」

「街で見かけるローディーみたいに、かっこいいサイクルジャージを着てみたい!」

ロードバイクを買ったら、次に気になるのはサイクルウェアですよね。

この記事では、ロードバイクを始めようと思っている、または初心者の女性向けに、シチュエーション別の服装の基本を紹介します。

のんびりライド向けの服装や、本格的なサイクルウェア、季節ごとの服装の注意点も公開しちゃいますので、参考にしてくださいね。

ロードバイク初心者 女性の服装の基本・注意点


街に出ると、ピタピタのサイクルジャージに身をつつみ、颯爽と走るローディーをよく見かけます。

サイクルジャージには、快適にロードバイクに乗るための機能が盛り込まれていますが、初心者のうちから買いそろえる必要はありません。

初心者にとって大切なのは「ロードバイクを安全に、楽しく乗る」こと。

慣れるまでは動きやすいスポーツウェアやTシャツで十分ですが、チェーンやペダルに巻き込まれないよう、裾が広がったパンツや、リボンなどの装飾がついたものは避けるのが無難です。

安全のために、ヘルメットやグローブ、サングラスは準備しておくといいですね。

ロードバイクの服装にはこれといった決まりはありません。自分が楽しめて、動きやすい服装でコーデを工夫してみましょう。

ロードバイク初心者 女性の服装 季節のおすすめ


家から一歩外に出れば、そこがサイクリングのスタート地点となり、季節を問わず楽しめるのがロードバイクのいいところです。

でも、季節ごとにどんな服装をしたらいいのかは悩ましく、特に女性は暑い日の汗や日焼け、寒い日には冷えが気になりますよね。

ロードバイクでは、厚着は操作の妨げになるため、小物や薄手のウェアの重ね着で調整するのがおすすめです。

また、走っている間は汗をかくのでで、季節を問わず速乾性の素材がよいでしょう。

ここからは気候に合わせた服装調整のコツや、季節ごとのおすすめのコーデを紹介します。

春のおすすめコーデ

春は、「ちょっと肌寒いかな」と感じる程度の服装がおすすめです。

ぽかぽか陽気の中で走っているとすぐに体は温まり、薄着だったのがちょうどよく感じるようになってきます。

春の日差しは日焼けしやすいとも言われているので、春夏用の長袖ウェアか、半袖+アームカバーの組み合わせもおすすめですよ。

また、早朝や夕方は冷え込むこともあるので、薄手のウインドブレーカーをバッグに入れておくとよいでしょう。

・気温に合わせて、春夏用、または春秋用の長袖ウェアを使い分け
・長丈のスウェットパンツ、ランニングタイツ、レーサーパンツ(春秋用)
・携帯可能な、薄手のウインドブレーカー

おすすめブランド:カペルミュール

2009年に設立された日本のサイクルウェアのブランドで、風景に溶け込むデザインが人気です。
日本人の体形に合わせて作られており、ピッタリしすぎないシルエットで初心者でも抵抗なく着られますよ。

この商品はこちらの楽天市場で購入できますよ。

カペルミュール LADIESサイクルカプリパンツ ブラック プレミネンテパッド kpcp042 KAPELMUUR 一部即納 送料無料

夏のおすすめコーデ

夏のサイクリングで重要なのは“日焼け”と“汗”の対策です。

街では半袖に短パンのサイクルウェア姿のローディーも見かけますが、初心者の場合は長袖のほうが体力の消耗も少なく、転倒時のケガも軽くすみます。

おすすめは、長袖のインナーと半袖のTシャツ、またはサイクルジャージの重ね着コーデ。

休憩中には半袖になりたい!という人は、半袖のサイクルウェアとアームカバーの組み合わせが便利です。

いずれも、UVカット機能が付いたものを選びましょうね。

また、最近は涼しく感じる素材のウェアも販売されているので、積極的に取り入れるとライド中の疲れも少なくなりますよ。

・UVカット機能の付いた長袖インナー+半袖ジャージまたはTシャツ
・半袖の夏用ウェア+アームカバー
・長丈のスウェットパンツ、ランニングタイツ、レーサーパンツ(夏用)

おすすめブランド:パールイズミ

サイクリングに特化したスポーツアパレルブランド。
機能性ウェアはもちろん、グローブやソックス、シューズカバーなどサイクリストのかゆいところに手が届く品揃えが魅力です。

秋のおすすめコーデ

秋はグルメライド、紅葉ライドなどサイクリストにとっても楽しみが増える季節です。

基本は春用と同じコーデでOKですが、冷え込んだ時にも対応できるよう、携帯用のウインドブレーカーを準備しておきましょう。

また、夏用のコーデを基本に、起毛素材や、保温効果のあるインナーに変えてもいいですね。

秋は意外と首元や指先に寒さを感じるので、冷えが気になる人はネックウォーマーや、フルフィンガーのグローブも準備しておきましょう。

・保温機能を備えた長袖インナーに、Tシャツやサイクルウェアを重ね着
・長丈のスウェットパンツ、ランニングタイツ、レーサーパンツ(春秋用)
・携帯可能な、薄手のウインドブレーカー

おすすめブランド:le coq sportif(ルコックスポルティフ)

自転車大国フランスで生まれたスポーツウェアブランド。
ポップな色合いと特徴的な風見鶏のモチーフをあしらったデザインは、幅広い世代から人気です。

冬のおすすめコーデ

冬のライドでつらいのは手先、足先の冷えと風なんです。

特に手の指が冷えると、レバー操作が上手く操作できずに転倒や事故につながることも。

着ぶくれで動きにくいのもライドの妨げになるため、冬のコーデは保温性のある、薄い素材を重ね着して出かけましょう。

冬用のジャケットは軽くて薄いのに保温性、放湿性が高く、動きを邪魔しないのでマストアイテムです。

それでも寒い時は、ジャケットの下に着る薄手のベストもありますよ。

寒い日でも快適にライドできるよう、冬用のグローブやシューズカバーもあるといいですね。

また、薄手のネックウォーマーも準備しておきましょう。

バンダナやマスクの代わりにもなり、おしゃれなネックウォーマーは1枚持っていると何かと便利です。

・保温性のあるインナーに、冬用のジャージ+冬用ジャケット
・冬用インナータイツ+長丈スウェットパンツ、またはサイクルパンツ
・冬用グローブ、ネックウォーマー。あればシューズカバー

おすすめブランド:CASTELLI(カステリ)

イタリア生まれのブランドで、その性能からトップカテゴリのプロロードレースチームでも使われています。
シンプルなデザインで、長く使えるのもうれしいですね。

この商品はこちらの楽天市場で購入できますよ。

CASTELLI カステリ サイクルジャケット ウィンドブレイカー 20089 ARIA SHELL W JACKET レディース サイクルウェア ロードバイクウェア ロードバイク 自転車

ロードバイク初心者 女性の服装 街乗りはカジュアルに

ロードバイクに乗るのに、これといった服装の決まりはありません。

自分が楽しく、安全に乗れる服装なら何でもいいんです!

特に、景色を楽しみながら走るポタリングや、街を歩くこともあるカフェライドでは、ピタピタのサイクルジャージだと浮いてしまうことも。

普段着のTシャツやレギンスなど、カジュアルな服装でもOK!

ただし操作の邪魔にならないよう、パンツの裾が広がっていないものを選びましょう。

レギンスだけではヒップラインが見えるので恥ずかしい!という人は、ジョギング用のショートパンツを合わせてもいいですし、サイクル用のショート丈のラップスカートもありますよ。

サイクルウェアはレース用だけでなく、ポタリング用のゆったりしたものも販売されています。

自然に溶け込む色柄が多く、選択の幅も広いので、好きなものを選んでみてくださいね。

男性初心者の服装についてはこちら>>>

ロードバイク初心者 女性の服装 本格的なレーサー気分

体にフィットした、レーシーなサイクルジャージで街を走るロードバイクはカッコよく見え、憧れる人も多いですよね。

サイクルジャージは、空気抵抗を減らすためにピッタリしたシルエットのものが主流です。

また、前傾姿勢で乗ることから、後ろが長めに作られており、小物を入れるバックポケットなど、便利な機能も盛りだくさん。

レーサーパンツには、長時間ライドでのお尻の痛みを和らげるため、衝撃吸収のパッドがついているものもありますよ。

レーシーなサイクルジャージを着ることで、ライド時の体の負担を減らすだけでなく、本格的なロードレーサー気分を味わえ、テンションもアガるかもしれませんね!

 

服装の他にも初心者の女性に適したフレームのご紹介もしています。

初心者の女性向けロードバイクモデルはこちら>>>

ロードバイク初心者 女性の服装のインナー選び


サイクルウェアには、機能性に優れたインナーも販売されています。

ロードバイクの場合はピッタリしたウェアを着ることがため、女性の場合はインナーにも気をつかいたいものですね。

ここからは、ライドに適したインナーを季節ごとに見ていきましょう。

インナー選びの注意点

インナーを選ぶ際には「速乾性があるか」、「体にフィットするか」に重点を置きましょう。

ロードバイクは思っている以上に汗をかくスポーツです。

そのままライドを続けると汗冷えを起こし、体力を奪われてしまいかねません。

また、体にフィットしないインナーはシワや布のヨレが発生しやすくなり、サドルに当たってお尻が痛くなることもあります。

インナーという性質上、試着は難しいことも多いですが、サイズ選びは慎重に行ってくださいね。

春夏のおすすめインナー

春夏のライドの大敵はとにかく“汗”。

インナーは、吸汗性と速乾性に優れたものを選ぶのがおすすめです。

体感温度が低く感じる素材も、疲労を減らす効果が期待できますよ。

また、春夏は紫外線が多い時期でもあります。

UVカット機能を備えた、通気性のよい長袖インナーなどで、日焼け対策も忘れずに行いましょう。

おすすめブランド:montbell(モンベル)

日本発の登山用品メーカーとして有名ですが、サイクル用品も充実しています。
山での経験を生かしたアームカバーやレッグカバー、インナーショーツは軽さと速乾性に優れ、日本人の体形に合っているので使いやすいと評判です。

秋冬のおすすめインナー

秋冬のライドでは、”乾燥“と”冷え“が気になるもの。

透湿性が高く、保温効果のあるインナーを選ぶと、体力の消耗も抑えられます。

肌触りのよい裏起毛素材や、温かさを感じるヒート素材など、気候に合わせて使い分けてみてください。

特に首元や手先、足先の冷えは、ロードバイクの操作にも影響が出ます。

ウィンターグローブは必須アイテムですが、他にもネックウォーマーやシューズカバーなど、かさばらない小物もたくさん販売されていますので、ニーズに合ったものを探してみてくださいね。

おすすめブランド:Buff(バフ)

スペイン生まれのネックウェアブランド。
縫い目のない製法で作られたネックウェアは、使い心地もよくアレンジも多彩。ポップな色柄で世界中のサイクリストに愛用されています。

ロードバイク初心者 女性の服装のまとめ

女性が快適にロードバイクに乗れるコーディネートや、インナーの選び方を紹介しました。

自転車の服装に決まりはなく、初心者のうちは、速乾性があり、操作の妨げにならない安全なものがベストです。

乗り慣れてくるうちに、自分に合った服装がわかるので、サイクルジャージはそれからでも遅くありません。

自分の気持ちが明るくなる、おしゃれで機能的なコーディネートを楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました